韓国ドラマ 左利きの妻 DVD 日本語字幕あらすじ

韓国ドラマ-左利きの妻-あらすじ-全話一覧-最終回まで感想あり-キャスト-主演イ・スギョン-キム・ジヌ-視聴率-相関図-動画とともに全話をお届けします!

左利きの妻-あらすじ-19話

エラは目障りなナムジュンを一族から追い出すためにサナを利用する。
これには裏でエスドが策略を巡らせていたが、その真意は誰も知らない状況であった…。
そして、ナムジュンとサナは同じタイミングで家に呼び出される。
サナはエラに厳しい態度を取られた手前、緊張した面持ちで挑む。
そして、スンテ会長の元に通されるとサナがドギョンを巡って疑われていることが明らかとなる。
この会話を耳にしたドギョンは、サナは無実であると庇うのだが、そこにある証拠が提示される。
これにはナムジュンも深く関与しており、事態は一転サナとナムジュンにとって不利な状況に…。
ドギョンは突如としてサナを自分のセラピストから解任する。
サナは必死に誤解を解こうとするのだが…。
一方、ナムジュンはエラの策略に抵抗し自分の無実を訴える。
しかし、水面下ではエラとナムジュンの攻防は激しさを増していた。
この件で、ナムジュンはスンテ一族に対する怒りを一層募らせることに。
ナムジュンはサナのことが心配するが、サナは一人でこの状況をなんとかしようとする。
そんなサナの元にエラが現れると、再び新たな要求を突き付ける。
だが、エラの強引で傲慢な態度にサナは毅然と拒否の姿勢を示すのだった。
エスドにとってことが順調に進む中、ドギョンとエスドそして息子のノアはテレビ出演を控えていた。
スタジオでノアは照明に足を引っかけて倒れてしまう。
ドギョンはとっさにノアを助けようとするが、この時ドギョンは強い照明の光を浴びて、あの事故の記憶の断片が蘇る…。

左利きの妻-あらすじ-20話

ノアを助けたドギョンは、記憶の断片が明らかに記憶を失う前に起きた、重大なことだと気付く。
ドギョンはその記憶を明らかにしたいと強く願う。
何故ならその記憶の中にスホという人物がいたからであった。
スホを見つければ記憶の手がかりが掴めると確信するからであった。
時を同じくしてそのスホという男性は、サナが探している男性だと知りとする…。
ドギョンはスホの手がかりを追うために収録スタジオを抜け出す。
エスドとナムジュンはドギョンの言動に不安を覚えてすぐに後を追いかける。
ナムジュンは手がかりに近づいていたが、そこにナムジュンが駆けつけて収録があると言って連れ帰るのだった。
そして、ドギョンとエスドは夫婦でインタヴューに挑むことになるが、この時司会が問いかけた言葉にドギョンは正直な気持ちを伝える。
だが、体裁を無視した発言にエスドは驚愕し、テサン会長は怒りを爆発させることになる。

左利きの妻-あらすじ-21話

エラによって追い詰められていくサナ。
そんな彼女を守りたいナムジュンはある重大な決心をする。
ナムジュンはサナの元へやって来ると強く彼女を抱き締める。
ドギョンはサナに話をするためにやって来るのだが、ナムジュンがサナを抱き絞める光景を目にして言葉を失う。
更に、自分の中に強い怒りと嫉妬心を覚えるのだった。
その場にはエスドも居合わせ、ドギョンの視線にいるサナとナムジュンの姿を見て、エスドは記憶を失ったはずのスホが今もなおサナを想っていることを確信するのだった…。
一方、家ではドギョンがテレビで発言した内容に関して、テサン会長の怒りが収まらない状況が続いていた。
ドギョンは不満を募らせて帰宅するが、エスドの挑発に怒りを露わにする。
ドギョンは記憶を失って以来、その言動により家族に混乱が広がっていた。
そんな中、ナムジュンはエラの元を訪ねてくる。
するとある重要な秘密をエラに伝えるのだった。
これもすべてサナを守るためであった…。
その後、ドギョンのスマホにある映像が送りつけられる。
それは、ナムジュンがサナにもたれかかり、彼女が部屋に入っていく姿であった。
この映像にドギョンは更に怒りを募らせていく。
自宅で再会したドギョンとナムジュン。
二人の間には不穏な空気が流れる。
二人はあの時から決定的なライバルとなる…。
エスドはサナのためにナムジュンが自分に不利な行動をするのではと、ナムジュンを脅しにかかる。
しかし、ナムジュンはそんなエスドをけん制するのだった…。
ナムジュンはサナの実家にやって来ると、母グムフィにサナを愛していることを伝える…。
同じころサナはある重大な情報を手に入れていて…。

左利きの妻-あらすじ-16話

サナの前に姿を現したナムジュンはこれまでになく、ひどく疲弊しておりそのままサナにもたれかかるように倒れてしまう。
同じころエスドはドギョン(スホ)が持っていた資料を見て不安を募らせる。
目を覚ましたナムジュンはサナが自分を介抱してくれていた事に気付き、自分がサナを裏切り続けている現実に苦悩する。
しかし、それでもナムジュンにはサナの味方になれない深い深い闇があった。
それはオーラグループによって命を奪われた父の為の復讐であった…。
心に迷いを覚えたナムジュンは亡き父の墓の前で、心を新たにする。
一方、ドギョン(スホ)は再びサナの実家を訪れて、自分が記憶を失う前にチャンスに多大な迷惑をかけたことを謝罪しにやってくる。
サナは両者の間に立ち、なんとか話しだけでもできるように計らう。
その場でチャンスはドギョンを許すことはしなかったが、サナは目の前にいるドギョン(スホ)の人柄に信頼感を強く覚えるのだった。
エスドはナムジュンの家にサナが居たことを利用して、新たな策略を思いつく。
それはサナとナムジュンの関係を利用することであった。
エスドはサナが悪事を考えているとエラに吹き込み、サナに疑いの目を向けるエラ。
そんな中、外出先でバイクにぶつかりそうになったサナをドギョン(スホ)はとっさに庇い、強く抱きしめてしまう…。

左利きの妻-あらすじ-17話

バイクにぶつかりそうになったサナを庇ったドギョン。
しかし、そんな二人をカメラに収める人物がいた。
全てはエスドに仕組まれた罠であった…。
ドギョンはかつて自分が関わったフォーレとの契約書をサナに見せて、疑問を一つひとつ明らかにしようとする。
ナムジュンはサナがドギョンと仲睦まじくしている姿を見て、激しい嫉妬心を抱く。
そんなナムジュンにエラが金塊をもって接触する。
ナムジュンを手なずけようとする魂胆であったが、ナムジュンもまたエラが欲する美術品の数々を見せつけて交渉を有利に進めるのだった。
そんな最中、ドギョンとサナが密会しているとのゴシップニュースがメディアに流されてしまう。
その知らせを知ったエラは、すぐにドギョンに一体どういうことかと追及する。
写真を突き付けられたドギョンは困惑するが、エスドは不憫な嫁を演じて見せる…。
スンテ会長までこの事態を知る事になり、ドギョンは激怒される。
ナムジュンはエスドの仕組んだことだと気づくが、エスドはナムジュンに不敵な笑みを送る…。
サナはドギョンの危機を知り、実家にやって来て誤解を解こうとする。
だが、エラはスキャンダルの相手がサナと知ると二人きりになるなり激しい怒りを爆発させる。
そこにドギョンが割って入るのだが…。

左利きの妻-あらすじ-18話

エラはサナがドギョンを誘惑していると誤解して怒り心頭で、掴みかかる。
ドギョンは必死にサナの無実を証明しようとするのだが、この一件でドギョンとエラの関係にも亀裂が入る。
サナを送り届けたナムジュンは、サナを不憫に思いエスドを呼び出すと新たな提案をする…。
それはナムジュンにとってサナを守るためであった…。
落ち込むサナは、スホとの思い出の場所へ行き心を痛めていた。
ドギョンもまたサナに申し訳ないことをしたと落ち込んでいたのだった。
帰宅したサナは母からも責められるが、父チャンスはサナを庇う。
ドギョンのスキャンダルは事業にも影響を与えることとなり、会長スンテは厄介者のドギョンを海外に出すようにと命令する。
エラは必死でスンテに説得を試みる。
そこにエスドも加わり必ず自分がこの状況を変えてみせると宣言する。
その言葉にスンテは一定の理解を示す。
しかし、エラはエスドの言葉を疑問に思うのだった。
エスドは追い打ちをかけるようにサナをドギョンから遠ざけるべく策略をめぐらせる。
これによってサナ、ドギョン、そしてナムジュンまでもが混とんとした状況に立たされていくのだった。


左利きの妻-あらすじ-13話

サナはスホを見つけるためにテレビ公開番組で情報提供を求める。
その番組を見たドギョン(スホ)の頬には自然と涙が伝い、かつて移植手術をした体の一部に痛みを覚えるのだった。
エスドとナムジュンはドギョン(スホ)がサナの出演する番組を見てしまうことを恐れて、必死に引き戻しに向かうが既にタイミングを逃していた。
そんな中、サナの番組を見ていたスンテの妻は、スホの手がかりをサナに知らせるのだった…。
一方、ドギョン(スホ)は自分が事故に遭った現場へ行きたいと話し、エスドとナムジュンは仕方なくドギョン(スホ)を事故現場へと連れてくるのだが、次にドギョン(スホ)はあの時宿泊したホテルへとやってくる。
そこには手がかりを探してサナもやって来ていた。
エスドとナムジュンはサナが居ることに気付き、とっさに二人を合わすまいとするのだった…。
何とか危機を脱したエスドとナムジュン。
しかし、エラはドギョンと連絡が取れないことへの怒りをエスドにぶつける。
だが、ここで意外にもドギョン(スホ)がエスドを庇い…。
その後、外出したドギョンは街中でかつての記憶が蘇る。
更に偶然にもサナの父チャンスと遭遇し…。

左利きの妻-あらすじ-14話

ドギョン(スホ)はチャンスを家まで送り届けて、サナの実家と知らずにやって来ていた。
ドギョン(スホ)はその家にどこか見覚えがあるような不思議な感覚があった。
同じころエスドやエラ、そしてサナは行方不明となってしまったドギョンの居所を必死で探し回っていた。
帰宅したグムフィは家にいるドギョン(スホ)に愕然として、突如として怒りを露にする。
それも当然であった。
なぜなら本物のドギョンにチャンスの事業をめちゃくちゃにされ、チャンスまで失明してしまうひど追い詰められたからであった。
家の騒動を知ったサナはグムフィんいひどい目にあったドギョン(スホ)を発見し、家から連れ出すのだがドギョン(スホ)はあまりの出来事に放心状態であった。
ドギョン(スホ)はナムジュンの部屋で休憩を取ることに。
ナムジュンはドギョンが記憶を取り戻しはしまいかと、不安で彼の動向から目が離せなかった。

左利きの妻-あらすじ-15話

サナはパク会長から一連のドギョン失踪の件について責められていた。
その騒ぎを聞きつけたドギョンはとっさに二人の間に割って入り、サナはこれまでも今回も正しい行動をとって自分を助けてくれたことを説明する。
ドギョンの言葉にパク会長は納得し、サナをそれ以上責めることを辞めるのだった。
ドギョンは母エラが何か失礼なことをしていないか確認するが、サナはエラに頬を殴られたことは黙っていたのだった。
エスドは二人の様子を見て不安を募らせる…。
同じころナムジュンはかつてドギョンを追い詰めるために記者に渡していたドギョンの弱みを利用されて、逆に自分が追い詰められつつあった。

韓国ドラマ「左利きの妻」あらすじ10話~12話をご紹介します!

韓国ドラマ 左利きの妻あらすじと概要

本作「左利きの妻」はイ・スギョン演じる女性オ・サナとキム・ジヌが演じるイ・スホを中心に、突然夫が行方不明になってしまう女性が必死に夫を探し出そうとする姿と、消えた夫とうり二つの男は記憶を失ったがために全く違う人生を歩むことになってしまう。
愛する人を探す女性と愛する人も自分自身も忘れてしまった男性が、本当の愛を探し求めて行く、ラブロマンスドラマ。
キム・ジヌは同じ姿をした全く別の人間を一人二役で挑む!


2a23664ea319a0708d1de3032fa8e87e

エスドは自分の書いた遺書をエラか必死に取り上げる。
驚くエラは何事か!と怒るがエスドはドギョンを話題に出しては話をすり替える。
同じころドギョン(スホ)はサナを目の前にして言いようのない動揺を覚えていた。
記憶がないことが分かりドギョン(スホ)はドギョンとしての記憶を取り戻すための治療を受けることになる。
ドギョン(スホ)は周囲からいくらドギョンだと言われても、記憶がないとしても違和感を覚えずにいられないのだった。
一方、グムフィはナムジュンと会うのだが、ある資料を発見して…。
サナはエスドの呼び出される。
エスドはサナをドギョン(スホ)から引き離すために金を握らせて丸め込もうとする。
サナは金など受け取らず、エスドが言うままにドギョンに近づかないようにする。
その後、エスドはドギョン(スホ)に無理やりキスをしてドギョンであることを自覚させようとする。
ドギョン(スホ)は違和感がぬぐい切れず、とっさにエスドを振り払ってしまう。
傷付くエスドだが、必ず思い通りにしてみせると決意するのだった…。
サナはグムフィとチャンスの会話を聞いて、ナムジュンに対する怒りを露わにする。
エスドは二人の会話を盗み聞きをして、ナムジュンの前に現れる…。

韓国ドラマ左利きの妻-あらすじ-11話
只今、準備中ですm(__)m

韓国ドラマ左利きの妻-あらすじ-12話
只今、準備中ですm(__)m

韓国ドラマ 左利きの妻感想
只今、準備中ですm(__)m

韓国ドラマ「左利きの妻」あらすじ7話~9話をご紹介します!

韓国ドラマ 左利きの妻あらすじと概要

本作「左利きの妻」はイ・スギョン演じる女性オ・サナとキム・ジヌが演じるイ・スホを中心に、突然夫が行方不明になってしまう女性が必死に夫を探し出そうとする姿と、消えた夫とうり二つの男は記憶を失ったがために全く違う人生を歩むことになってしまう。
愛する人を探す女性と愛する人も自分自身も忘れてしまった男性が、本当の愛を探し求めて行く、ラブロマンスドラマ[左利きの妻日語字幕]。
キム・ジヌは同じ姿をした全く別の人間を一人二役で挑む!


2a23664ea319a0708d1de3032fa8e87e

韓国ドラマ左利きの妻-あらすじ-7話

サナは命がけで子どもを産み、束の間の幸せを感じる。
しかし、母グムフィはスホの行方が依然として見つからないことを知らせる。
愕然としたサナは自ら命を絶とうとしてしまうのだが、家族に引き留められる。
その後、サナはスホとの思い出の場所に向かい、そこでスホが書き残してくれた手紙を手に入れる。
一方、エスドはドギョンが生きていることをエラに伝える。
ずっと消息不明であったドギョンが生きていたこと、更にエスドがドギョンとの子ども身ごもり臨月を迎えていることを知るとおーらーグループ会長の家に招き入れることに。
エスドは思惑が成功し不敵な笑みを浮かべながら、大豪邸へと入っていくのだった…。
それから数年の時が経ち、サナは懸命に働きながら今も行方不明のスホを探していた。
一方、エスドはすっかりオーラグループの嫁としての地位を得ていたが、あくまでもエラの支配下の中だけのことであった。
エラは依然として昏睡状態のドギョンを介抱していた。
オーラグループではパク会長がナムジュンの働きを認め、昏睡状態のドギョンを差し置いてナムジュンに実権を握らせていく。
エラはそんなパク会長に激しい怒りを示す。
時を同じくしてサナはデパートでエスドの息子ノアに出会う。
ノアはサナが大切な人を探していると聞き、親切心でチラシを持ち帰るのだった。
そしてサナはエスドの行方を追ってついに、エスドとの再会を果たすのだが…。

韓国ドラマ左利きの妻-あらすじ-8話

サナはエスドとの再会を心から喜ぶ。
それはスホの手がかかりを得られると期待したからであった。
しかし、エスドはサナとの再会に恐怖する。
何故ならエスドはスホにドギョンの顔を移植しスホを利用して今の環境を手に入れたからであった。
サナはエスドの不審な態度に追及の手を緩めないのだった…。
そんなサナの元にパン会長の妻から連絡が入る。
ノアが落としていったチラシがスホの捜索チラシだと知り、サナに連絡をしたのだった。
サナはパン会長の妻のもとに駆けつけて、状況を聞いているとそこにノアが入ってきて再会に驚く。
だが、その場所には顔を変えられたスホが横になっていた。
スホはサナの声が聞こえたことで深い意識の底でサナを探し求めていた。
体調の異変を起こしたスホだったが、彼をドギョンと疑わない家族は必死でドギョンの回復を祈るのだが…。
エスドはサナに嘘をついて彼女の注意をそらそうとする…。
サナは連日にわたりスホの捜索ビラを配っていた。
そこにナムジュンがやって来て、サナを手助けする。
ナムジュンはかつて産気づいたサナを助けて以来、親交があった…。
そんな中、サナはドギョンとして眠るスホの介護をしに病室にやって来ていた。
だが、そこにエスドが居合わせて、二人の再会をに恐怖する…。

韓国ドラマ左利きの妻-あらすじ-9話

ついに永い眠りから目を覚ましたドギョン。
この知らせにエスドは不安でいっぱいになり、エラは歓喜する。
同じころ次期代表の座を決定される直前であったナムジュンは、ドギョンの意識が戻ったことを受けて就任は延期となってしまう。
エスドはドギョンとして目を覚ましたスホに記憶があると焦り、すぐに逃亡を企てる。
一方、サナはスホを探し出すためにテレビ番組で公開捜索をしようと考えていた。
サナの忘れ物を届けにやって来たナムジュンは、そのまま昼食に出かける。
ナムジュンはサナの素朴な人柄に自然と心が惹かれて行く…。
エスドはドギョン(スホ)が意識を取り戻したことで、もうこれ以上こんな生活は続かないと諦めて遺書を書いて命を絶とうとする。
サナは様子のおかしいエスドの姿を見て、後を追いかけるがビルから飛び降りようとしていたエスドを直前で助けるのだった。
同じころ、ドギョン(スホ)は目を覚まして病院内を徘徊していた。
サナはドギョンを見つけるとふらついていた彼を助けるのだった。
そこに居合わせたエスドはドギョン(スホ)の発した言葉に大きなショックを受ける。
ドギョン(スホ)は記憶を失っていた。
そのことを知ったエスドは目の前にいるドギョン(スホ)よりも自分が書いた遺書を回収することに走り出す。
サナはドギョン(スホ)のサナの顔を見たドギョン(スホ)は彼女の姿、そして腕時計に言いようのない感覚を覚えるのだった…。

韓国ドラマ 左利きの妻感想

スホをドギョンの身代わりにして妻としての地位を得ていたエスド。
しかし、ドギョンが意識を取り戻したことで一気にその立場が危うくなります。
エスドとしては一生昏睡状態であってくれた方が良かったのです。
一度は自ら命を絶つことで罪を償おうとするのですが、ドギョン(スホ)の記憶がないと知るやエスドは再びこの状況を継続しようとします。
意識を取り戻したスホはサナを目の前にして、言いようのない感覚を覚えるのですがそれが何なのか分からず苦しむ場面が描かれていました。
サナもドギョンを前にして何かを感じ取りますが、まだそれが何かを気付くことは出来ませんでした。
記憶がないとしても中身はスホであるドギョン。
これからのドラマ展開がとても面白くなっていきそうです!

このページのトップヘ